逆子の予防

【2時間の人もいました】逆子は運動しすぎると治りません。

 

逆)妊婦さん
逆子になったら運動は必要?どれくらい運動したらいいの?

 

こういった疑問に解決するために下記をお伝えします。

 

本記事でお伝えすること

♦︎ 逆子は過度な運動で治りにくくなる理由

♦︎ 妊婦さんに運動が必要な理由

♦︎ 実際に治りにくくなっていた妊婦さんの実例

♦︎ どれくらいが"適度"な運動なのか?

 

 

目次

  1. 【2時間の人もいました】逆子は運動しすぎると治りません。
    - なぜなら、母体が疲労するから
  2. 実際に過度な運動をしていた妊婦さんの実例
    - 毎日2時間は歩きすぎ!

 

実は逆子、逆子治療は科学的根拠がありません。

なぜ逆子になるのか、なぜ逆子治療で逆子が治るのか科学的に原因はわかっていません。

なので、私が施術をした「逆子が治った実例」を基に、私なりの仮説を解説していきます。

あくまで「個人の考え」によるもので決して科学的な根拠はありません。

実例を基に逆子について説明させて頂いて、少しでも多くの逆子に不安を感じる妊婦さんの助けになればと思います。

 

スポンサードサーチ

【2時間の人もいました】逆子は運動しすぎると治りません。

なぜなら、母体が疲労するから

 

最初に一番お伝えしたいことは、過度な運動で逆子が治らない理由は「母体が疲労するから」ということです。

 

今までも母体が疲労するから逆子は治りにくくなると説明してきました。

だから、『過度』な運動で疲労をすれば逆子は治りにくくなってしまいます。

そもそも、なぜ妊婦さんには運動が必要なのでしょうか?

 

それは運動不足になってしまうからです。

 

運動不足になる例

 

例えば、

ケガをした時にずっと安静にしていると、ケガが治った時に動かしづらい経験があるかと思います。

 

例えば、

「宇宙飛行士が宇宙から帰ってきたら、1人で歩けないくらい筋力が衰えてしまう。」という話を聞いたことがあると思います。

 

それらと同じです。

 

だから、妊婦さんは“適度”な運動が必要。

 

妊娠期間は10月10日です。

妊婦さんが運動しなければ、約10ヶ月も動かないのと同じです。

その間に体力は衰えてしまい、出産の元気もなくなってしまいます。

 

また、出産後に運動不足で全然カラダが動かないなんてこともあります。

 

だから、“適度”な運動が必要なんです。

 

あくまで“適度”です。

疲れるほど『過度』な運動をしてしまうと、不調が出ます。

 

自律神経が乱れによる症状例

 

自律神経が乱れれば下記の症状が出てしまいます。

 

ポイント

・胸焼け

・嘔吐

・頭痛

・首肩こり

・イライラしやすい

 

 

また、肉体疲労をすることで下記の症状が出てしまいます。

 

ポイント

・腰痛

・坐骨神経痛

・股関節の痛み

・恥骨痛

 

つまり、“適度”な運動は出産や産後のために必要だけど、『過度』な運動をすれば妊娠生活に支障をきたすことがある。ということです。

 

実際に過度な運動をしていた妊婦さんの実例

毎日2時間は歩きすぎ!

 

実際に私が診た逆子の妊婦さんには、過度な運動をしている人がたくさんいました。

特に凄かったのは、

 

逆)妊婦さん
毎日2時間は歩くようにしている。

 

と言っていた妊婦さんです。

たしか、2年前くらいに来院された妊婦さんでしたが、衝撃的で今でもはっきり覚えています。

その妊婦さんは自律神経の乱れはほとんどありませんでしたが、当然、疲労困憊でした。

 

ポイント

・全身の筋肉がカチカチ

・腰痛

・股関節痛

・恥骨痛

 

と筋緊張による痛みがたくさん症状に出ていました。

 

疲労を改善することで逆子は治ります。

なので、疲労をすると治りづらくなります。

 

この妊婦さんは疲労を改善するのがとても大変でした。

ですが、早めに来院していただけたおかげで、無事に逆子は治りました。

早めの来院であれば、疲労を改善する時間があるので、疲労をしていても治る可能性は高いです。

逆子を治したいなら、すぐに逆子治療を受けることをオススメします。

 

疲労すると逆子と母体の疲労の関係を詳しく知りたい方は【逆子が治らない原因】逆子が治らない理由は“母体の疲労”を読んでみてください。

 

適度な運動ってどれくらい?

 

逆)妊婦さん
適度な運動ってどれくらい?

 

と思う妊婦さんも多いと思います。

 

適度な運動 = 疲れない運動

 

運動をしないと衰えてしまいます。衰えないために運動をします。

ですが、疲れるほどは運動する必要はありません。

 

もし、妊娠前に運動をする習慣があって妊娠中も運動せずにはいられないなら、運動しても問題ありません。

ですが、逆子の診断を受ける27週~30週は適度な疲れない運動を心がけるといいと思います。

↓逆子治療の紹介サイトはこちら
(Sakago.labo運営)

 

↓YouTubeはこちら↓

逆子のことならまずはこれ!

これが本当の逆子について 1

  目次 逆子について 逆子が治らない原因 あなたが治るのかどうか? 鍼灸が逆子に効く理由 逆子体操と冷えについて   逆子、逆子治療について世界中で研究は進んでいますが、科学的根 ...

-逆子の予防
-,

Copyright© 逆子のことならsakago.labo , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.