マタニティケア 妊婦さんのカラダ 産前のセルフケア 逆子のセルフケア

【逆子専門家監修】妊婦は必ず腰痛になる!?

更新日:

 

妊婦になってから腰痛を感じていませんか?

昔痛めたところがまた痛くなったり、妊婦になって初めて感じたり、、

どうして痛みが出るのか説明します。

 

目次

  1. そもそも腰痛ってなに?
  2. なんで妊婦は腰痛になるの?
  3. どうすれば治るの?
  4. 自分でケアできる?
  5. 〇〇のし過ぎに注意!?

 

そもそも腰痛ってなに?

腰痛の原因は2つ!?

 

 

世間一般では、腰痛は腰から股関節あたりにかけて痛みが出るものを言われています。

腰痛の原因は大きく分けて2つです。

運動器(骨・軟骨・筋肉)不調内臓(胃・腸・膀胱等)不調です。

 

今回は運動器の不調について解説します。

内臓の不調による腰痛については下記をご覧ください。

no image
準備中です。

        準備中です。

 

 

なんで妊婦は腰痛になるの?

〇〇のし過ぎ!?

 

 

妊婦の運動器性腰痛の原因は「筋の硬さ」です。

「筋の硬さ」の原因は「○○過ぎ」です。

「○○過ぎ」は、「動き過ぎ」、「寝過ぎ」、「座り過ぎ」、「冷やし過ぎ」などです。

「○○過ぎ」により腰部を含め筋が硬くなります。

筋が硬くなると血流量が低下します。血流が悪くなると筋が硬くなり負のスパイラルが発生して腰痛から抜け出せなくなります。

 

妊婦さんの場合は「腰の反り過ぎ」によるものが多いです。

胎児が大きくなるにつれて腰を反るようになり、腰の筋肉に負担をかけてしまいます。

 

どうすれば治るの?

血流を良くすること!

 

 

腰の血流が悪くなっているので、それを改善すれば治ります。

 

改善するには、マッサージか鍼がいいと言われています。

マッサージも鍼も血流を良くすることがわかっています。

それをすることで血流がよくなり、痛みが改善します。

 

「妊婦になったらマッサージは受けられないかと思ってた。」と良く聞きますがそんなことはありません。

 

「マタニティマッサージ」で検索すると出てきます。

もし痛みが出た場合、まずは専門家に診てもらうことを強くオススメします。

 

自分でセルフケアできる?

方法は3つ!

 

 

自分でもセルフケアを簡単にできます。

 

  1. 温める
  2. ストレッチする
  3. マッサージする

 

上記のことをするだけで楽になります。

 

step
1
温める

 

一番簡単なことは温めることです。

温めることで血流が良くなり痛みが軽減します。

 

医療機関には安全に腰部を温める治療はありますが、自宅でも温められます。

特に入浴がお薦めです。

 

温めるには、

  • お風呂に浸かる
  • シャワーを当てる
  • ホッカイロを貼る

などで十分です。

 

ただし、火傷、熱傷を起こしやすい高温の湯たんぽ、使い捨てカイロの使用は注意が必要です。

寝る時に湯たんぽを布団の中に入れっぱなし、使い捨てカイロを身につけたままは辞めてください。

湯たんぽを使う場合は、寝る前まで温めて寝る際には布団から湯たんぽを出しましょう。

カイロは寝る時には捨てるようにお願いします。

 

 

step
2
ストレッチ

 

 

次はストレッチ(伸ばす)についてです。

 

妊婦さんがやってはいけないストレッチは基本的にはありません。

ただ、注意点があります。それは「痛み」です。ストレッチは痛みがあると「○○過ぎ」(やりすぎ)で筋は硬くなります。

また、やりすぎのストレッチは体調不良を引き起こす要因になることがありますのでやりすぎる無理なストレッチはしてはいけません。

僕はマタニティストレッチの指導もしています。お近くの医療機関でマタニティストレッチの指導をしているかを問い合わせるのが良いかと思います。

 

ストレッチは股関節の筋肉(お尻)にストレッチをかけることで効果があります。

 

 

上記の写真で簡単にストレッチはかけられますが、週数が進んでお腹が大きい人はなかなかできません。

その場合は次に紹介するマッサージがいいです。

 

 

step
3
マッサージ

 

最後はマッサージ(押す)です。

 

マッサージや鍼は筋を柔らかくする、血流を良くすることは科学的に証明されています。

マッサージをすることで血流がよくなり、痛みが改善します。

 

自分の手でマッサージするのは難しいです。

なのでテニスボールを使ってマッサージをします。

 

床にテニスボールを置き、お尻がテニスボールの上に来るように横になります。

横になったらお尻を前後左右に動かしてテニスボールをコロコロします。

そうすることでセルフマッサージを行うことができます。

 

 

 

まとめ

 

 

「妊婦になったらマッサージは受けられないかと思っていた。」と良く聞きますがそんなことはありません!

妊婦になってから腰痛を感じ始めたら、まずは専門の鍼灸院かマタニティマッサージができるところで診てもらうことを強くオススメします。

安定期であれば受けられますが、まだお腹が大きくなっていない週数であれば妊婦であることを先生に伝えてください。

 

セルフケアをしたい場合も、そこで指導を受けた上で安全にセルフケアをしてください。

 

少しでも腰痛が改善し、快適に妊婦生活を過ごして頂けたらうれしいです。

 

 

-マタニティケア, 妊婦さんのカラダ, 産前のセルフケア, 逆子のセルフケア

Copyright© 逆子治療のsakago.labo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.