マタニティケア 妊婦さんのカラダ 逆子

【逆子専門家監修】逆子になると坐骨神経痛になるの?

 

坐骨神経痛になった逆子の妊婦さん

逆子になってから、坐骨神経痛にもなってしまいました…。逆子が坐骨神経痛の原因なの?

 

こういった疑問に答えます。

 

 

目次

  1. 逆子になると坐骨神経痛になるの?
  2. 妊婦さんが坐骨神経痛になる理由

 

実は逆子、逆子治療は科学的根拠がありません。

なぜ逆子になるのか、なぜ逆子治療で逆子が治るのか科学的に原因はわかっていません。

なので、私が施術をした「逆子が治った実例」を基に、私なりの仮説を解説していきます。

あくまで「個人の考え」によるもので決して科学的な根拠はありません。

実例を基に逆子について説明させて頂いて、少しでも多くの逆子に不安を感じる妊婦さんの助けになればと思います。

 

スポンサードサーチ

逆子になると坐骨神経痛になるの?

 

逆子と坐骨神経痛は関係ありません。

なぜなら、原因が違うからです。

逆子と坐骨神経について説明するにあたってのポイントは2つです。

 

ポイント

原因の違い

治る時期の違い

 

逆子は治らなくても坐骨神経痛は治ります。

原因の違い

 

●坐骨神経痛の原因

→ 筋肉疲労(梨状筋症候群)

●逆子になる原因

→ 母体の疲労

 

妊婦さんが坐骨神経痛になる主な原因は骨盤の筋肉の疲労です。

 

お腹が大きくなってきて歩き方が変わったり、お腹や腰を支えようとして骨盤の筋肉がかばった結果、筋疲労が起きて坐骨神経痛になります。

 

骨盤の筋肉である梨状筋が疲労して、坐骨神経痛の絞扼が起きて痛みが出るものを梨状筋症候群と言います。

これにより妊婦さんに坐骨神経痛が起きています。

 

逆子になる原因は疲労だと考えています。

これは科学的に証明はされていませんが、私が逆子治療をしていて全員に当てはまるものは疲労です。

 

治る時期の違い

 

逆子治療に来院する逆子の妊婦さんで、坐骨神経痛を訴える方は20人に1人くらいいます。

 

逆子を治すのに坐骨神経痛を改善することが大事なので、逆子治療をする際は坐骨神経痛の治療もします。

妊婦さんの場合、ほとんどの坐骨神経痛は1回の施術で改善しています。*妊婦じゃない方の場合は違います。

逆子が治る平均治療回数は3~5回です。

逆子より、坐骨神経痛の方が早く治ります。

 

逆子が原因であれば、原因の逆子が治ってから坐骨神経痛が改善するはずです。

 

しかし、逆子より坐骨神経痛の方が先に治ります。

 

妊婦さんが坐骨神経痛になる理由

 

 

逆子の妊婦さんが坐骨神経痛になるのではなく、妊婦さんが坐骨神経痛になりやすいです。

 

 

逆子が関係しているのではなく、「妊婦」であることが坐骨神経痛に関係しています。

 

 

先ほど坐骨神経痛の原因は「骨盤の筋肉疲労」と説明しました。

妊婦さんは週数が進むと少しずつお腹が大きくなります。

お腹が大きくなると腰を反り、腰の筋肉が疲労します。

腰の筋肉が疲労したら、骨盤の筋肉が疲労します。

この疲労が大きい人や、梨状筋に負担が大きい人が坐骨神経痛になりやすいです。

 

それは逆子は関係ありません。

 

妊娠することが坐骨神経痛の要因になります。

 

 

逆子治療を受けましょう!

 

逆子治療を受ければ、坐骨神経痛は改善し、逆子は治りやすくなります。

そして、逆子治療は早期治療が一番です。

もし今逆子なら、坐骨神経痛なら、すぐに逆子治療を受けましょう!

soakage.com

-マタニティケア, 妊婦さんのカラダ, 逆子
-

Copyright© 逆子治療のsakago.labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.