マタニティケア 妊婦さんのカラダ 逆子

【逆子専門家監修】逆子と恥骨の痛みの関係

 

 

恥骨痛のある妊婦さん

最近ちょっと恥骨が痛い、、もしかして逆子になってしまったの?

 

こういった疑問に答えます。

 

 

目次

  1. 逆子と恥骨の痛みは関係ありません。
  2. 妊婦さんの恥骨の痛みの原因
    ・実際に恥骨痛で来院した妊婦さん

 

実は逆子、逆子治療は科学的根拠がありません。

なぜ逆子になるのか、なぜ逆子治療で逆子が治るのか科学的に原因はわかっていません。

なので、私は、「逆子が治った実例」を基に私なりの仮説を解説していきます。

あくまで「私の考え」によるもので決して科学的な根拠はありません。

実例を基に逆子について説明させて頂いて、少しでも多くの逆子に不安を感じる妊婦さんの助けになればと思います。

 

スポンサードサーチ

逆子と恥骨の痛みは関係ありません。

 

結論からお伝えすると、妊婦さんの恥骨の痛みの原因はホルモンによるものです。

妊婦さんの恥骨の痛みの原因は2つあります。

 

 

ポイント

ホルモンによるもの

筋肉の疲労によるもの

 

 

この2つの原因によって恥骨の痛みは起きます。逆子であることとは関係ありません。

なぜこの2つのことから恥骨の痛みが起きてしまうのでしょう?

次の章で詳しく説明ていきます。

 

妊婦さんの恥骨の痛みの原因

ホルモンによる恥骨の痛み

 

ホルモンによって恥骨の痛みがでる原因は、妊娠中に分泌されるホルモンのエストロゲン、プロゲステロン、リラキシンによって骨盤が緩くなるからです。

 

これはカラダが出産に向けて準備をするために、骨盤を緩くして胎児が出やすいようにしています。

これらのホルモンは妊娠後期にたくさん分泌されるんですが、人によって時期が多少異なります。

 

ホルモンが出ると出産の準備のために恥骨に可動性が出ます。恥骨が動くようになることで妊婦さんは痛みを感じることがあります。

逆子治療をしていて、恥骨の痛みを感じている人はこのホルモンによる恥骨痛が多いです。

 

もう一つ可能性がある原因があります。

 

ふたつ目の、内転筋群の疲労によるものです。

 

内転筋群の疲労による恥骨痛

 

恥骨にくっついている内転筋(うちもも)の筋肉が疲労をすることで恥骨に負担がかかります。

内転筋は歩きすぎや立ちっぱなし、腰痛をかばうことで疲労しやすいです。

 

妊婦さんの場合はお腹が大きくなって腰に負担がかかります。それを支えようと内転筋が頑張ります。頑張ってしまうことで疲労を起こし、痛みが出てしまいます。

 

これも可能性としてあるんですが、逆子治療をしていてほとんどありません。しかし、たまに内転筋が原因の人がいるので注意は必要です。

 

逆子の場合は、足が下になることで恥骨あたりをけるようになります。

胎動くらいでは恥骨に痛みは出ません。

 

なぜなら、恥骨と胎児との間には膀胱があるからです。

 

逆子の妊婦さんは膀胱を蹴られます。

これは、逆子の妊婦さんの胎動の特徴です。

たくさんの逆子の妊婦さんを診ていますが、今までに一人も「胎動で恥骨を蹴られる」と言っていた方はいません。

全ての方が「膀胱を蹴られる」と訴えていました。

 

恥骨の痛みはホルモンと、筋疲労が原因になるという2点と

解剖学上、胎児が膀胱を蹴ることがあっても、恥骨を蹴ることは考えにくいことから、

 

逆子と恥骨の痛みは関係ないと考えられます。

 

 

なので、逆子になってしまったの?と不安を感じることはありません。

しかし、膀胱を蹴られる感じがあれば逆子の可能性もあります。

 

実際に恥骨痛で来院した妊婦さん

 

実際に恥骨痛で来院した妊婦さんを例に挙げます。

 

 

ポイント

逆子になった週数:最初から

来院日の週数:29週6日

仕事:看護師

仕事が終わる週数:34週

カラダの不調:肩・背中・腰・恥骨

治療回数:4

 

 

看護師で仕事は34週まで続ける予定の妊婦さんでした。

 

かなり疲労が溜まっていることは容易に想像できると思います。

 

この方の恥骨の痛みは、筋疲労からくるものでした。

フルタイムで看護師をしていて立ち時間が長いため、内転筋が疲れていて恥骨に影響していました。

 

1回目からマッサージで腰回りの筋肉を刺激しながら内転筋も刺激して経過を見ていたら、3回目から恥骨痛が減りました。

4回目の逆子治療では恥骨痛はほぼ無くなりました。

 

この結果から恥骨痛は筋肉の影響も考えられることがわかります。

ホルモンが原因の場合も、痛みから内転筋群が緊張して痛みが増すことが多いです。

なので、ホルモンが原因の場合も痛みは軽減することが多いです。

 

ちなみに4回目の治療のあとの検診で、逆子が治っていることが確認できました。

 

治療を受けましょう!

 

もし恥骨に痛みがあるなら、まずは治療を受けることをオススメします。

soakage.com

-マタニティケア, 妊婦さんのカラダ, 逆子
-

Copyright© 逆子治療のsakago.labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.