逆子 逆子治療

【実例紹介】甲状腺機能低下症の方の逆子が治りました!

 

本記事はこんな方にオススメです

♦︎ 甲状腺機能低下症で逆子になっている

♦︎逆子になって冷えに悩んでいる

 

目次

  1. 身体が冷えやすくても逆子は治ります。
    ・逆子の原因は冷えじゃありません。
    ・冷えを解消するのは簡単です。
    ・身体の冷えを解消する方法。
  2. 実際の甲状腺機能低下症でも治った逆子の【実例】
    ・妊娠中だけチラーヂン服用
    ・驚愕の温度設定
    ・血流を改善して冷え改善
    ・遠赤外線での治療

 

実は逆子は科学的根拠がありません。

なぜ逆子になっているのか科学的に原因はわかっていません。

なので、僕は「逆子が治った実例」を基に、僕なりの仮説を解説していきます。あくまで「僕の考え」によるもので決して科学的な根拠はありません。

 

↓実際の治療中の胎動の動画をYouTubeに載せています。

 

後ほど説明する「実際の甲状腺機能低下症でも治った逆子の【治療例】」の動画になります。

ポイント

下記の時間は特に胎動が出ています。

①  1:34〜
②  2:20〜
③  5:14〜

 

*プライバシーを守る為に音声は入っておりません。
*動画の画質が荒いです。ご了承ください。

 

スポンサードサーチ

身体が冷えやすくても逆子は治ります。

逆子の原因は冷えじゃありません。

 

結論は簡単で「冷えは逆子の原因じゃないから」です。

 

本当の原因は「疲れ」です。

 

他の記事でも書いているので参考にしてください。

逆子について

  逆子になってからではなく、逆子が返らず32週くらいになってから焦って調べる方が多いと思います。 32週くらいになると赤ちゃんが大きくなり、治療の効果も出づらくなってしまいます。 下記を読 ...

 

原因が疲れなので、疲れが取れれば冷えやすいカラダでも十分に治ります。

そもそもなぜ冷えるのかご存知ですか?

 

それは「血流が悪いから」です。

 

身体の熱は血流に乗って身体中に運搬されます。血流が悪いとその熱が末端にまで行き届かずに「末端冷え性」になってしまうんですね。

つまり、冷えは血流が悪いから起きる、それを起こす「疲れ」が本当の原因ということです。

 

妊婦の足が冷える理由

 

妊婦の足が冷えるのは、腰と股関節のこりのせいです。

心臓から血液が送られて、足に届くまでの間に障害があって血流が悪くなります。その障害になっているのが腰と股関節のこりです。

妊婦はお腹が大きくなると重心が前に動くので、身体を後ろに反るようになります。それが腰の負担になり腰がこります。腰がこると今度は股関節の筋肉が腰を支えようとこります。

そのようにして妊婦の足は冷えていきます。また、むくみが出るのも同じです。

*ただし、妊婦の場合はホルモンのバランスも影響しています。

 

冷えを解消するのは簡単です。

 

冷えを解決するには「血流を良くする」ことです。

 

身体が冷えやすい甲状腺機能低下症の人もある程度冷えは解決できます。甲状腺機能低下症の人は、カラダを温める働きをする甲状腺が働かなくなる為に体温が下がります。なので、血流の流れが良くなることで、体温も上がりやすくなります。

 

身体の冷えを解消する方法

 

実際に解消するにはどうするのかというと、全身のマッサージと鍼灸です。

もちろん、甲状腺を刺激するのもいいですが、1番簡単に冷えを解消できる方法は

 

全身をマッサージや鍼灸をして血流を良くすることです。

 

血流を良くしながら、自律神経を整えることで足の冷えを解消することができます。

よく靴下を履いて足を温めると聞きますが、冷たい足で履いても全く温まりません。なぜなら、靴下は「保温」をできても「発熱」はできないからです。発熱素材のものであれば温まりますが、普通の靴下では温まりません。

詳しくは下記をご覧ください。

実は靴下をはいても足は温まらない!?

目次 靴下は〇〇するもの!? 大事なのは「冷え」じゃない!? 温めた足で靴下を履くことが大事! 足を温められる他の例 まとめ 靴下は〇〇するもの!?   逆子の治療をしていてセルフケアについ ...

 



実際に甲状腺機能低下症でも治った逆子の【治療例】

 

実際に治った逆子の治療例をご紹介致します。

この記事の冒頭に紹介したYouTubeの動画の治療についてです。

 

妊娠中だけチラーヂン服用

 

この方は妊娠により甲状腺の機能が低下した為に、医師から妊娠中だけ飲むようにとチラージンを処方されたそうです。

*このチラーヂンは甲状腺ホルモン剤で甲状腺ホルモンの代わりの役割を果たします。

 

このチラーヂンを服用していたんですが、それでも手足が非常に冷たかったです。経妊婦で子供がいる方だったんですが、その子供と手を繋ぐと「ママの手冷たいから嫌だ!」と言われてしまうほどだったそうです。また代謝が悪く、普段は全く汗をかかないそうです。

 

驚愕の温度設定

 

話を聞いていて特に驚いたのが、お風呂の温度設定です。

なんと湯船の温度設定は44℃だそうです!

子供が熱すぎて逃げ出すそうです(笑)

それだけ身体が冷えているということですね。

 

血流を改善して冷え改善

 

それだけカラダが冷えていたので、まずは「手足の冷えを改善する」ことにしました。方法としては、、

 

甲状腺機能低下症の逆子治療方法

①   首と頭のマッサージ

②   至陰に知熱灸

③   遠赤外線で温める

 

以上の3つの内容です。

 

この内容で治療したら手足の冷えが劇的に変わりました。

 

普段44℃のお風呂に浸かっているのに改善しなかった体温が、いつでもポカポカと母体が感じるほどになりました。

子供と手を繋いだら「ママの手あったかい!」と言われるほどです。

手足の冷えが改善されるにつれて胎動が大きくなり、回数も増えました。

 

母体のお母さんも「すごく変わった。ひっくり返りそう」とおっしゃっていました。

 

4回目治療の後日「逆子が返っていた」と連絡を頂き、無事に「甲状腺機能低下症の母体の逆子」の治療を終了しました。

 

遠赤外線ドームに変更

 

この方の治療でのポイントは途中で遠赤外線を、より強く温まるドーム状のものに変えました。

そうしたら、また胎動がものすごく増え、母体はいつでも火照るようになりました。2回目からこの遠赤外線ドームに変えて治療をしたら無事に逆子が治りました。

 

遠赤外線の注意点

 

遠赤外線ドームでは身体がものすごく温まります。

のぼせやすい人だと急に体調に変化をきたす方もいるので注意が必要です。

逆子治療を受ける際は、しっかりと体調の様子を先生に伝えるようにお願いします。

soakage.com

-逆子, 逆子治療
-, ,

Copyright© 逆子治療のsakago.labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.