マタニティケア 逆子予防 逆子治療

逆子に対する鍼灸の効果【筋肉編】

 鍼灸治療をカタチにしたのは中国です。これは有名な話ですね!
中国最古の医学書としては、春秋・前漢時代(紀元前1~2世紀頃)に記されたとされる医学書に黄帝内経(素問・霊枢)があります。素問には気の概念をもとにした内経系医学の基本原理が、霊枢には鍼灸術の応用が記されています。

 日本における鍼灸のはじまりは、414年に朝鮮半島の新羅からきた金武という人が天皇の足の痛みを治したのが始まりとされています。そして984年、鍼博士であった丹波康頼が随・唐医学を集成した医心方が国最古の医学書です。

1948年に「あん摩師・はり師・きゅう師及び柔道整復師法」が施行され、国家資格として確立しました。

最近では美容鍼灸がポピュラーになっていますが、歴史を知ると親近感が湧きますね!

そんな最近ポピュラーになっている鍼灸の効果、特に筋肉に対する効果について詳しく説明します。

本記事はこんな方にオススメです

♦︎ 逆子に対する鍼灸の効果を知りたい

♦︎ 逆子治療で鍼灸を受けるのが不安

目次

  1. なんで鍼灸って効くの?
  2. 筋肉について
  3. 筋肉のコリ
  4. 逆子の治療例
  5. まとめ
  6. ちょこっと豆知識

スポンサードサーチ

なんで鍼灸って効くの?

鍼灸は反射療法です。

 

鍼灸治療は身体の反応(反射)(*1)を利用したものです。鍼灸で身体の一部を刺激すると、中枢神経の中に鎮痛作用の役割を持ったホルモン(内因性オピオイド)が出て、痛みを脳に伝える神経経路をブロックします。これによって、腰痛・膝痛などの痛みをやわらげます。

例えば、どこかに傷ができたときに痛みを感じるのは、神経が「カラダが傷ついた!」と脳に向かって信号を送るからです。その「傷ついた!」という神経信号が通る経路を遮断する(ブロックする)事ができます。それにより痛みの信号が脳に届かないので痛みを感じません。

 また、筋肉の緊張をゆるめ、施術箇所周辺の毛細血管を拡張し、新陳代謝を高める効果もあります。その結果、たまっていた疲労物質が流されて、筋肉の疲労が回復します。

鍼灸で体の表面を刺激すると、内臓にも影響をあたえることができ、その機能を改善させる効果もあります。自律神経系のバランスを整えるはたらきもあります。

鍼灸治療はそれぞれの人が持つ自然治癒力を引き出し、免疫力を高めて病状を改善する治療法なんです!

*1 反射とは無意識下で起こる反応のことです。例えば「わっ!」と急に言われるとびっくりしますよね。びっくりしようと思ってもないのに、勝手にカラダが「ビクッ」とします。それが反射です。

 

筋肉について

大きく3つあります

 

骨格筋

これはいわゆる「筋肉」のことですね!カラダを動かす筋肉のことです。ふくらはぎとかチカラこぶとか背中の筋肉です。

平滑筋

これは内臓の筋肉です。内臓も筋肉で動くものがあります。例えば胃、腸ですね!

胃は消化するのに動くんですが、その動きは筋肉によって動かされています。胃が動くことで入ってきは食物を消化しながら腸に運びます。

腸は胃から来たものを肛門まで運んでいます。その運ぶのに筋肉がうねうね動いて、食物を吸収しながら運びます。

心筋

字のごとく心臓の筋肉です。心臓は一番大事なものになるので骨格筋とも平滑筋とも異なる、心臓だけの筋肉になります。

筋肉のコリ

実は筋肉は縮むように働くことしかできません。「じゃあどう伸びてるの?」と思いますよね。伸びるように働けませんが、「チカラを抜くこと」ができます。縮まないようにすれば勝手に伸びていきます。これをカラダ中でうまくバランスをとりながらすることで、スムーズな動きができています。

縮むようにしか働けない筋肉ですが、チカラを抜いても伸びなくなってしまいます。それがコリと言われています。縮むことでチカラを出すのに、縮みっぱなしだと縮むことができないのでチカラが出ません。さらに縮んだり伸びたりすることでポンプの働きをして、筋肉の中に溜まった血を流しています。つまり筋肉がコると血流が悪くなってしまいます。

鍼を筋肉に刺すことで、筋肉のコリを取れることが科学的にわかっています。

*鍼灸はどちらも筋肉に対して効果がありますが、筋肉のコリを取るのは灸より鍼の方が優れています。ここから先は鍼を例に話します。

逆子治療を例に出すと、「逆子について」でも触れていますが肩コリと腰痛の妊婦さんが多いです。このような症状は鍼をすることで血流が良くなり症状が改善します。

例えば、このような逆子の患者さんがきた場合は、肩と腰に鍼を刺します。ちなみに、逆子の患者さんのほとんどは肩コリか腰痛があります。鍼をして血流が良くなり、肩コリと腰痛が改善されてくると胎動が増えてきます。増えることで逆子が治りやすくなります。

このように鍼を使って筋肉のコリを取ることができます。

逆子の治療例

腰と股関節のコリの例

 

腰と股関節の筋肉がコっていて、腰と股関節周りの血流が悪くなってしまっている患者さんがいました。逆子治療をする場合、腰と股関節の血流が悪いと治りづらくなってしまいます。それは骨盤内の血流とお腹の形が逆子に関わるからです。

なぜ治りにくくなるかはコチラ

その患者さんには腰と股関節の周りに鍼をしました。鍼をしている間とても胎動が増えていました。鍼を抜いた後も胎動が多くなり、家に帰ってもとても動いていたそうです。何回か治療を重ねた後無事に治りました。

その方の治療記録はコチラ

 

首と肩のコリの例

 

首と肩の筋肉がコっていて、肩と股関節周りの血流が悪くなってしまっている患者さんがいました。これも逆子治療にとても重要です。頭から出るホルモンが胎児に伝わらなくなるからです。詳しくは上記の関連記事についてご覧ください。

その患者さんはストレートネックが出てしまうほど首と肩がコっていました。最初首と肩に鍼をすると施術中に少しだけ胎動が出ました。その後帰ると夜に胎動が増えたそうです。その後、治療を重ねるにつれて胎動が増えていき、無事に治りました。

その方の治療記録はコチラ

 

まとめ

 

「鍼は即効性がある」と良く聞きますが、どう効果があるのかはあまり知られていません。

鍼灸が逆子に対してどのように効果を出す事ができるのか。今回は「筋肉」に対する効果だけピックアップし説明しました。他にも効果はたくさんあります。

下記にまとめるので気になる方は読んでみてください。

関連記事はコチラ

鍼の効果について

  鍼治療の効果について書いてある記事をまとめました。

ちょこっと豆知識

 

アメリカの鍼療法は1971年。ニクソン大統領の中国訪問に同行したニューヨー クタイムズ紙の記者が、現地で虫垂炎にかかり、鍼麻酔で手術を受けた。その体験を記事にしたことからアメリカ人の関心が高まった。その後、アメリカでは鍼療法センターが1972年7月12日にニューヨークでオープンしている。同センターはすぐに鍼療法をめぐる法的トラブルで閉鎖に追い込まれたが、 同年12月には、首都ワシントンで再オープンしました。

閉鎖したのに再オープンするほど、鍼治療が認められていたんですね!

この記事の関連記事はコチラ

メイン
逆子について

  逆子になってからではなく、逆子が返らず32週くらいになってから焦って調べる方が多いと思います。 32週くらいになると赤ちゃんが大きくなり、治療の効果も出づらくなってしまいます。 下記を読 ...

鍼の効果について

  鍼治療の効果について書いてある記事をまとめました。

soakage.com

-マタニティケア, 逆子予防, 逆子治療

Copyright© 逆子治療のsakago.labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.